逆流性食道炎 何科

軽い咳が1ヶ月ほど続き病院へ……

軽い咳が1ヶ月ほど続き病院へ……

  • meemeeさん 女性/40代

軽い咳が続き、市販薬の咳止めも効果が無いまま一ヶ月ほど過ぎてから、これはおかしいと思い近所の医院へ行きました。診察と問診をした先生が、「たぶん、逆流性食道炎でしょう。咳が出るというのはその症状のひとつなんです」と、パンフレットをくれました。

それを読んでみると、あるわあるわ、私が日ごろ感じていた不調がそこには列挙されていたのです!

・胸焼けがひどい
・胸に痛みがある
・咳が出る
・のどのつかえ感 などなど。

それらは単なる不調ではなく「逆流性食道炎」という、治療を必要とする病気だったのか!と、驚きました。

先生からは、コーヒーやチョコレートは控えてくださいということや、寝る前にものを食べない、食事の後ごろごろ横になったりしない、など生活の上の注意やアドバイスをいただき、3種類程度のお薬を処方していただき、家に戻りました。

夫に、「風邪じゃなかったよ!」と説明すると、そのような病名を知らなかった夫もびっくりしていました。そして、処方していただいたお薬を飲み始めると、みるみる症状は改善されていきました。驚くほどに、よくなって咳も止まりました。いただいた分の薬を飲み終えた時にはすっかり全快していました。

その後、数年たち何度も逆流性食道炎には悩まされていますが、処方の中にあった薬が市販でも購入できるものでしたので(薬剤師さんへの相談が必要なものですが)診察を受けずに、薬局でそれを買って済ませてしまうことが最近は多くなりました。

友人が、胸焼けや胸部痛がある、といっていたときにも「逆流性食道炎という病気があって、同じように私も辛かったけど病院で見てもらうといいよ」と教えてあげましたら、病院へ行って診察を受け、まさしくその病名を告げられたそうです。

胸部通があると、心臓が悪いのではないか、と考えてしまいますが、食道炎という病気もあったのだなと、驚きます。この病気を知らずに、胃薬や鎮痛剤でごまかしている方も多いのではないかと思います。うまく、診察に誘導して貰えたら苦痛に耐えずに治療できる方は多いのではないかなと思いました。


次の体験談 ⇒ 病院へ行ったのに異常なし?!

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional